FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「松前神楽」厳かな舞=北海道木古内町〔地域〕だって。


冷静さと不安定さが寄せては返す。今日この頃


今日の何回目かのニュースのお時間です。この記事しってますか?時代の流れのせいかこの手の話が多くないかい?
北海道道南地方の神社で広く伝承されている「松前神楽」が17日、「寒中みそぎ祭り」で知られる木古内町の佐女川(さめがわ)神社の例大祭で厳かに演舞された。
松前神楽は宮司(ぐうじ)や禰宜(ねぎ)など祭典に奉仕した神職が神楽を舞うのが特徴。約350年の歴史を持つ格調の高い伝統芸能で、北海道の無形民俗文化財に指定されている。
本祭では締太鼓や笛などの和楽器に合わせ、道内の近隣各地の神社から参集した神職らによって、延命息災、立身出世を祈る「翁(おきな)舞」や蝦夷地鎮定と天下泰平を祈願した「神遊(かんあそび)舞」など、それぞれ特色のある8座の神楽が披露された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100820-00000041-jij-soci

松前神楽ってなんでしょう?なんで、動画をユーチューブでみつけようと探していたらこんな動画を見つけちゃいました。



松前神楽』に関してネット上の反応はこんな感じでした。

8/20 11:07
本日は速報に関して、なっとく、「松前神楽」厳かな舞=北海道木古内町〔地域〕のはなしです。
8/18 22:02
松前神楽の奉納もあり、神楽を楽しむこともできる。 祭りの最終日は、露店の出店はない。 亀田八幡宮の旧社殿には、戊辰戦の弾痕の痕なども残っていて、函館戊辰戦旧幕府軍降伏の調印式が行われた場所といわれている。
8/18 15:03
北海道の無形文化財・松前神楽と、現在も行われている道南地方に伝わる郷土芸能の取材日記。 道南地方をまわり、いたる所の神社や会場で取材させてもらった、松前神楽・郷土芸能の魅力を公開。
8/18 14:33
投稿は複数OK、数に制限は設けません(無関係なカテゴリーへの投稿は禁止)。
8/17 21:25
函館産のイカといえば、松前漬。スルメイカと高級昆布を伝統の味で漬け込んだ、北海道の味覚の代表格。その他にも、函館朝市から直送された新鮮な海の幸が、眩しい夜景の残像とともに函館の夜を彩る。
8/13 04:08
『日本発見 第20号 神々の里』には神楽の話が多く載っていた。
8/10 23:59
引き続き、姥神大神宮渡御祭ですが、下町巡行はいにしえ街道を練り歩きます。 この日でしか見れない光景としては、船山・松寳丸であります。船山らしく帆を上げての巡行です。2日目の上町巡行では、見ることが出来ません。
8/10 13:00
午後4時から「神迎えの儀式」がおこなわれ、「松前神楽」が披露される。 八幡町内会会長として、今夜は来賓として参加する。最初から最後まで、すべてを見学するつもりだ。 「日本人と神社」それを、確認するためだ。
8/10 01:02
俺は会ったことがなかったけれど、松前神楽の伝承にとても力を入れていて、即興演奏にもとても興味のある方だったとか。NMAのワークショップにも来たことがあるという面白そうな方だ。一緒に行った方々や神社の人たちで思い出話が盛り上がる。
8/9 23:59
松前藩政時代には鰊漁業の祈願社として永久祈祷を仰せ付けられ、例祭には檜山奉行が派遣されていた。文化14年7月正一位姥神大神宮の勅宣額を拝戴する。
>


こんなにネット上で騒がれているとは思いませんでした。ル・サージュの言葉をかりれば女というものは、自分の美貌のために犯される行為ならば、悪い行為でも許す。といったところでしょうか…これからも松前神楽の神職木古内町のニュースは気になるニュースです。

あっちょっとコーヒーでも飲みたくなってきちゃったのでまたね!
スポンサーサイト
[PR]

tag : 松前神楽 神職 木古内町

コメント

Secret

プロフィール

もももも

Author:もももも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。