FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<COP10>遺伝資源利用 議定書採択に問われる手腕  らしいです。


1日に30分以上何も考えないことにする!


そうそう、このニュースそんなことでって感じですが、一応とりあげておきます。
国連生物多様性条約第10回締約国会議(COP10=名古屋会議)で注目されるのは、遺伝資源の利用と利益配分を定める「名古屋議定書」の採択▽開発で劣化している生態系の保全策だ。生物多様性と並ぶ環境問題の地球温暖化の交渉は停滞しており、名古屋会議の成否は今後の環境外交を占う試金石となる。
名古屋会議は11~29日に行われ、政府や企業、市民団体など約8000人が参加する。前半の15日までは、主要国の事前交渉で採択の可能性が高まった「カルタヘナ議定書補足議定書」について、すべての締約国が参加して詰めの交渉を行う。18日からは、名古屋議定書と、生態系保全目標を決める交渉が並行して進められる。
遺伝資源と呼ばれる微生物や動植物をめぐって、途上国は、先進国の企業が医薬品開発などに使って得た利益を還元するよう求めているほか、「先進国は我々のものを勝手に持ち出した」と敵視。「バイオパイラシー」(遺伝資源への海賊行為)と呼び、特許申請時に使った遺伝資源の原産国を開示するよう求める。先進国は「企業活動を阻害する」などと反対。還元額など要求拡大も警戒する。
両者の対立は激しく、「議定書が採択できるかどうかは閣僚級会合(27~29日)次第」と各国の担当者はみており、議長を務める松本龍環境相の手腕が問われそうだ。
生態系保全では、10年までの現行目標「生物多様性の損失速度を著しく減少させる」が未達成に終わり、名古屋会議では10年以降の目標を決める。
日本や途上国が「損失を止めるために行動する」と主張し、欧州連合は「損失を止める」と提案。漁業活動などが規制される海洋保護区の設定では、先進国は海域の15%、中国は6%を提案する。また、ブラジルなどは「名古屋議定書と保全目標は一体で、資金支援が前提」と主張する。先進国の財政は厳しいことも背景に、合意点を見いだすのは難しい情勢だ。【江口一、関東晋慈】
【ことば】カルタヘナ議定書
遺伝子組み換え生物が生態系に悪影響を及ぼさないよう、輸出国の事業者が輸入国の事前同意を得ることや、輸入国が安全性を評価することなどを定めた国際ルール。生物多様性条約のもとに00年採択され、03年に発効した。被害を想定した責任と補償のあり方での議論が残され、交渉が続いている。日本を含む160カ国・地域が批准したが、遺伝子組み換え作物の主産国の米国やアルゼンチンなどは批准していない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101010-00000001-mai-soci

カルタヘナ議定書だけではちょっと分かりにくいのでわ。という訳で、こういう時のユーチューブ!



カルタヘナ議定書』に関してネット上の反応はこんな感じでした。

10/10 01:38
カルタヘナ議定書は2003年に50か国(現在は160)が締結し、国際発効された。1992年からの生物多様性条約の条約化交渉におけて、バイオテクノロジー発達による遺伝子組み換え生物(LMO)が問題になった。
10/10 01:08
遺伝子組み換え生物(LMO:Living Modified Organism)が、生物多様性の保全と持続可能な利用に悪影響を及ぼすことを防止することを目的とした議定書で、LMOの輸出入に関するルールを定めている。
10/9 23:24
10月11日~29日の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)/カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)に先立ってのプラネット・ダイバーシティ・プレイベントのパレードなどに参加。 これは生活クラブの環境委員会担当理事の仕事で。
10/9 22:32
今回、名古屋で開かれる会議では、遺伝子組み換え生物を取り扱う際の国際的なルールを定めた「カルタヘナ議定書」を補足する文書案が議題の1つになっています。
10/9 17:04
カルタヘナ議定書第5回締約国会議(COP-MOP5)及び生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の開催に伴い、会議開催期間中に350を超える「サイドイベント」が開催されます。
10/9 16:08
カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)が開催されます。
10/9 11:25
2項 締約国は国際法上の権利義務に一致する方法で、(カルタヘナ)議定書の前文の最後の三段落を考慮し、上記第1項の権利を行使しなければならない。
10/9 06:46
過去に生態系に多大な悪影響を与えた報告例はないとされるが、「その時」に備える国際会議「カルタヘナ議定書第五回締約国会議」(MOP5)の事前会合が六日から名古屋市で始まる。どんな会議になるのか。
10/8 23:33
正確にはカルタヘナ議定書第5回締約国会議開催初日。
10/8 17:31
いよいよ週明けから、カルタヘナ議定書第5回締約国会議(COP/MOP5)が、そして10日後には生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が名古屋でスタートする。
>


こんなにネット上で騒がれているとは思いませんでした。

これからカルタヘナ議定書の名古屋議定書先進国のニュースは展開が気になります。

あっそういえば、撮りだめしてたテレビあって見たいから、ちょっと見てきますね!
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

tag : カルタヘナ議定書 名古屋議定書 先進国

コメント

Secret

プロフィール

もももも

Author:もももも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。