FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬山の頂上で寒さの我慢大会=大分県別府市〔地域〕が目に付いた。


マッサージいきたい。最近座ってばかりで腰いたいっす!体重増え続けて腰が悲鳴をあげだしたのか!
ん~ダイエットしないといけない。ん?もう遅い?うるさ~い (笑


そういえば、このニュース、ふ~んって感じでしたけど以外と気になる人も多いんですかね?
大分県別府市にある鶴見岳(標高1375メートル)の山上広場で先日、寒さをどれだけ我慢できるか競う「第17回鶴見岳大寒がまん大会」が開かれた。近鉄・別府ロープウェイ大寒がまん大会実行委員会の主催。
5種目の競技に6~69歳までの50人が参加。競技種目は、氷の器に盛られたかき氷を、氷で作られた椅子に座って食べる「かき氷早喰い競争」、氷水に1分間、手を入れてから針に糸を通す「地獄の針仕事」、高さ2メートルの氷柱(ひょうちゅう)に顎、素手、素足でどれだけ長くしがみ付いていられるかを競う「氷柱しがみ付き競争」など。同大会には延べ約700人が来場した。
ロープウェイを使って登る山上広場の午前8時時点の気温はマイナス3度。しかも7メートルの風が吹いており、参加者は身を縮め、体を震わせながら競技に挑戦した。「氷柱しがみ付き競争」では大分市の公務員永末智英さん(36)が優勝。タイムは3分7秒96だった。永末さんは「きつすぎる」と悲鳴を上げながらも、勝因について「正月の食べ過ぎをいかに克服するか。いかに太らないかだ」と話した。同大会は冬の鶴見岳をPRしようと1995年から開催されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110127-00000037-jij-soci

公務員永末智英』に関してネット上の反応はこんな感じでした。

1/24 10:17
大分市の公務員永末智英さん(36)が3分7秒96の記録で2年ぶり3回目の優勝。「勝つには根性だけ。来年も頑張ります」と話した。
>


さほど時間たってないけど、けっこう意見がとびかってますね。本田 宗一郎の言葉をかりれば?芸術でも技術でも、いい仕事をするには、 女のことが分かってないとダメなんじゃないかな。といったところでしょうか…これからも公務員永末智英氷柱しがみ付き競争山上広場のニュースこれからも目がはなせませんね。

あっ・・・小腹がすいたのでちょっと休憩してきます!でわ!またね!
スポンサーサイト
[PR]

tag : 公務員永末智英 氷柱しがみ付き競争 山上広場

コメント

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

もももも

Author:もももも
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。